関西小樽会ブログ

小樽出身者、小樽滞在経験者、これから小樽へ行く人・・・ 小樽好きのすべての皆さんのブログです。

カテゴリーのアーカイブ : 「海外旅行」に関する記事 (6件)

キリマンジャロ61

サバンナを走る交差しない一直線の道路、マサイは牛追いの赤い布、胸はって道行く女性・頭の上の大きな荷などを車窓に見て、スワヒリ語耳に面白く、向かうは来てみたかった「キリマンジャロの雪」。 健康診断書を書いてくれた医師、マラリアには一番効くと奨める金鳥を、忌避剤ディープ、ムヒと共に売るほど持って出たが、・・・

続きを読む

ロシア連邦沿海州ウラジオストクでの朝市紀行

小生、ロシア連邦ウラジオストクへ物流事業推進の為に行ってきました。その時に寄った朝市の状況 を投稿させていただきます。         1日は沿海州行政府を訪れウラジミール副知事を表敬訪問し当地訪問の趣旨等説明し協力をお願いし、朝市へはウラジオストクの行政府庁舎前の革命戦士広場で木曜~土曜日の3日間・・・

続きを読む

暑中お見舞い

朝早くから、セミが鳴き「いい加減にしろ」といいたいぐらいのうるささ。夏だなあと思っていましたら、すがすがしい暑中お見舞いを頂きましたのでご披露させていただきます。

続きを読む

小樽市文化観光への提言 : タブラオの魅力

〇 小樽市文化観光への提言 : タブラオの魅力 スペインに行くと、いつもアンダルシアのタブラオにいく。 薄暗いタブラオの中でかき鳴らすギターの旋律、その横に立って、しわがれた声で歌うカンテのひびき。舞台の上ではカタ、カタ、カタ、カタ、小刻みに踏み鳴らすサパテアードがつづく、突然、ピタッ!と止った後、・・・

続きを読む

台湾に残る日本のインフラ遺産

本稿は、2015年3月発刊の、北海道大学関西同窓会、関西エルム会会報73号に寄稿したものを、同誌編集委員会の承認をいただき転載する。 明治28年(1885年)日清戦争終了後、下関条約により台湾の割譲を受けた日本政府は、精力的に現地のインフラ整備を進めた。その殆どは、現在も台湾国民から感謝されつつ現役・・・

続きを読む